□ブックタイトル
隠の王

□執筆開始日
2010年02月24日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要


俺は何もいらなかった

だた生きることができれば

でも

俺に生きることの必要性

生きることに楽しさ、嬉しさ、悔しさ、悲しさ、怒り

人への気持ち、大事さ

それらを教えてくれたよね

俺はあなたを大切な、特別な人と思っていいのかな?

□読者へのメッセージ

呼んでくれてどうも!


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ