秋闌け、色葉散る

□秋闌け、色葉散る
1ページ/21ページ


ここは『紅山原』(べにやまはら)
山にある小さな村である。

電車は単線で余り数もない

首都圏の人は、余り来ない村である


その駅前を自転車を乗る少年がいた。服装はブレザーに緑色ネクタイを絞めていた

名前は紘昌(ひろまさ) 高校2年生である



「くっそ!学校出るの遅かったか」

車が走る道路の横を走ってゆく
多分家に帰るのだろう

「やっぱ秋か…時間が経つの、早くなったな」

山を見る紘昌
山は赤く紅葉していた。赤い山は普段見ないので紘昌は気に入りの景色であった

駅前の交差点の信号に引っかかって止まる

「な!くっそ!早く青になれ!電車が来ちゃうのに」

左手の時計を見る
時間は5時28分

「だぁ!あと2分!また由香里に怒られるぞ」

由香里とは紘昌の幼馴染みの少女である

同じ学校に通っている。家だって近い
毎日向かいに行くのが習慣…

「信号が変わった!よし」
駅前の信号機が青に変わり自転車を漕ぎ始める紘昌

駅前の木のもみじは紅葉によって色が赤く変わっていた。しかし、あと一ヶ月で散ってしまうのか…
そう思う紘昌の前には電車が到着

自転車を乗ったまま足をついて入り口で待つ紘昌
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ