7062


朝日が怖くて目を閉じた
膝を抱えた幼子の背中

微かに震えた双翼で、
隠れるように身を包む

濡れた瞳は虚ろの彼方
見つめた闇が嘲笑う

水面の月は静かに光り
堕つる泪は夢の端

First
New
Blog
Main
┗short
┗long
┗plan
Link
Clap


RANK
貴方と私。
フォレストページランキング


since
09.05.14


ブックマーク|教える




©フォレストページ