「ようこそいらっしゃいました
あなたは1789人目の『変態』様ですよ………って雲雀さん!!!
喋ってる時に変な単語入れないでください!!!!」

「いいじゃない
本当の事だし…ね」

「ちょ!誰に言ってるんですか!!
えっと、すいません
ゆっくりしていって下さいね」

「クッフーン☆
ここから先は僕と綱吉君のラブラブフゥゥ!!!」

「なに勝手に出てきてるの?
いいって言うまででてくるなっていったでしょ
………絶対言わないけど」

「二人とも…帰って下さい」


         


■Contents
first
Prof
Diary
小説



お世話になってます><//
ツナ受RANK
ツナ受小説love
×27.com RANK


ブックマーク|教える




©フォレストページ