記憶を失いし書の主

 少女は出逢った。記憶喪失の少年に。
 少年は知った。少女が孤独に震えていることを。
 少年は記憶ではなく温かさを求め、少女は生ではなく家族を求めた。
 出逢ったことは偶然でも、やがてそれは必然へと変わりゆく。
 何故なら、それらはやはり彼らが真に望んだもので、何もかもが少年にとっては必然であり運命だったのだから……。

【記憶を失いし書の主】

 始まります。


表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ