Daily Love

□9
1ページ/3ページ


* 入江視点 *



やたらと豪華な夕飯。

琴音の作ってくれたお弁当には勝てないけど。


「指輪はシンプルでいいんだ。

でもね、結婚式の誓いのキスは甘くて熱くてながーいの!」


とんでもない幼馴染を持ったもんだ。

この発言に喜んでる母さんにも、もう怒る気すらなくなった。


『ごちそうさま。みつき、ゆっくりしていってね。

よかったら後で僕の部屋に来てよ。』


「ほ、ほんとに?すぐ行くね!」


演技にまんまと騙されるバカな幼馴染。

さ、後が楽しみだ。






「奏多、入るよー。」

『どうぞ。』


僕の部屋で2人になるのは幼い頃以来。

それを意識するようにこちらを見る上目遣い。

心の中で笑ってやった。


「ねえねえどうしたの?いきなり部屋に来いだなんて…。」


僕の肩を揺さぶるみつき。


声はいつもより高め。

母さんの香水のにおい。


『みつき…僕、今困ってるんだ。』


「えっ、何かあったの?

私、奏多の相談なら何でも聞いちゃうよ。」


『あんたに困ってんの。』


こういうとき僕は本当に性格が悪い。

さあ、ズタズタになれ。


『あんたでしょう?琴音を突き飛ばしたの。

こんなにブスなのに、よくやるよね。』


みつきが琴音に言ったこと。

そっくり返してやる。

満面の笑みで。


「っ……!

あたしは、奏多を誰にも取られたくないの!」


『いつからキミのものになった?

僕がキミを好きになることはない。断じて、ね。』


そんなの分からない、と泣き出すみつき。


『そうだね、心に決めた人が居なければね。』


言葉の針…もっともっと刺され。


「あたしは奏多を心に決めたのっ…!」


『だからって琴音をあんな目に遭わせるのはいかがなものかな。

……二度と彼女の前に現れるな。』


最後に思いっきり睨んであげる。

はい、とどめ。


びくんと震える肩。

どくんと絶望する心臓の音が聞こえるかのよう。


「かな……た…………。


っ、……なんで私の気持ち分かってくれないの…?

こんなに好きで好きで…好きで好きで好きで好きでたまらないのに……

誰よりも奏多を愛してる自信があるのに……


どうしてっ、あの子なの……?」


『琴音は唯一心を預けられる存在でね。

付き合いの古いキミよりもずっと僕のことを分かってくれてる。

あんな子、二度も出会えるとは思えない…。


それに、キミより琴音の方がタイプなんだ。

琴音の方が何千倍も可愛ければ、性格も僕好みだし、


もう琴音以外考えられない。

みつきは何を言おうが恋愛対象にすら入らない。

ただ幼なじみってだけ。』


「…奏多のバカ!」


みつきは部屋を飛び出していった。


琴音を泣かせた罪は重い。

  
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ