Daily Love

□8
1ページ/4ページ






机の横にかかったお弁当の紙袋に視線を送る。


「(入江先輩、気に入ってくれるかな……。)」


午前中授業だから、4時間目が終わったら屋上で待ち合わせ。

あと10分で4時間目も終わり。


「(今日の授業は長く感じたなぁ……。)」


先生の話をよそに、窓の外を見た。

校門から女の子が入ってきたのが見える。


「(どこの制服だろ……。

そもそも他校の生徒は基本立ち入り禁止じゃなかったっけ。

あ、こっちの校舎に入った…?)」


女の子の行方を追っていると、チャイムが鳴った。

終礼はなし。

絵里ちゃんに一言挨拶をして教室を飛び出した。






「ねえ、そこのあなた!」


廊下を歩いてたら、質の明るい声が聞こえた。

見れば、さっきの女の子。


「今困ってて……ちょっといい?」


大きな目には涙がうっすら。

授業が終わってすぐ出てきたから、周りには誰もいない。


「どうされたんですか…?」


まだ時間はある。

早く終わらせて早く屋上に行こう。


「こっち来て!」


強引に腕を引かれる。


「あの、今からどこへ…?

私一応これから用事があって…。」


女の子は何も言わないまま私を引き連れる。


着いた先は……――


  
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ