Daily Love

□7
1ページ/4ページ







私はいつまでこうしてるつもりだろう。

ケータイ画面の11桁の数字。

ずっと見つめては決定ボタンを押せずにいる。


保健室で介抱してくれたお礼を言おうと思って、

ケータイ片手にベッドに寝転んだのはいいけど…


「うー、どうしよう……。」


夜10時くらいにケータイを開いてからもう1時間経つ。


「夜遅いしメールにしようかなー…。

いや、でも電話でしっかりお礼を言いたいしなぁ。

メールじゃ伝わらないこともあるし…。


でもこんな夜遅くだと迷惑だよね…。

もう……なんで1時間も迷ってたんだろ。」


ぶつぶつぼやいても仕方ない。

どっちかに決めないと!


「ええい…っ!」


――ぽちっ

――TRRRRR…TRRRRR


かけちゃった…ああ緊張する…!

ちゃんと言えるかな…?

あああ、やっぱりメールにしたらよかったかも…?


――只今、電話に出ることができません。ピーッと……


「ダメかぁ……。」

がっくり枕に顔を埋める。


――♪〜♪〜〜


「!?」

慌てて顔を上げた。

画面には“入江奏多”の文字。

早く決定ボタンを押せ!押せ!押せー!!



――ぽち。


「も、もしもし!?」

『もしもし?どうしたの?そんなに驚いて。』


焦る私に驚く入江先輩。


「あ、いや、大丈夫です。」

『そう?それより急に電話なんて、何かあった?』


思い切って今日の感謝の気持ちを伝えた。


『いえいえ、具合はもういいの?』


「はい、もうすっかり。おかげさまです。」


電話越しの、大好きな声。

優しくて、艶やかで……。


でも、声だけじゃどうしてももどかしくなる。


カーテンの隙間から見える星。

入江先輩も見てるかな?


当たり前にある星が特別に見える、って

こういうことなんだ……。


ああ、お星様……どうか……。



  
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ