Daily Love

□3
1ページ/3ページ







夏が近づいてきた。


昼休み。

初めての夏服は新しい気分になるけど、寒がりな私にはまだちょっと寒かったみたい。


みんな暑いのかな?

教室のドアは全開。
廊下のドアも全開。

吹いてくる風が冷たい。


ぶるっと寒気がして、廊下の窓をこっそり閉めに行く。

不意に手が止まった。



「(…入江先輩だ。)」


向かいの3年生の校舎。

とある窓から入江先輩が顔を出していた。


冬服が暑いからか、気持ちよさそうに風に当たってる。

ふわふわと髪がなびいて、1枚の絵画になりそう。


コンタクトレンズに感謝しながらじっと見つめる。

あ、こっち見た…!


一瞬目をそらしてしまう。

視線を戻すと、笑顔で手を振ってくれた。


必死でぺこぺこ頭を下げる。

一気に身体中に熱が沸き上がった……。


あれ?入江先輩、急に血相が変わった?

自分の鼻と、こっちを指差してる。


ことを理解するまで3秒程はかかった。



「わ、絵里ちゃんティッシュ持ってる…!?」


「んー?…って!めっちゃ鼻血!!

寒かったんじゃなかったの!?」



あー、かっこ悪いとこ見せちゃった。




.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ